Pagelist

スポーツが健康に良い理由

スポーツが健康に良い理由 スポーツをすることは健康に良いです。もちろん、やりすぎはよくありません。適度な量のスポーツをするのがいいのです。適度な量というのは、ウォーキングでしたら1日30分ぐらいです。1時間ぐらいウォーキングをしても大丈夫ですが、最初は疲れます。疲れすぎはよくないのです。適度な疲労を感じたところでやめるのがいいのです。ですから、適度な量のスポーツというのは人によって違います。自分に正直にやるのがいいのです。周りの人がどのくらいやっているのかというのは参考程度に考えておけばいいでしょう。少ない量から初めて、徐々に増やしていけばいいのです。

スポーツを継続的に行うと、不必要な脂肪が体につきません。不必要な脂肪がついている人は、脂肪がとれていきます。不必要な脂肪があると、血の巡りが悪くなります。血液の循環が悪いと、栄養が体にしっかりと行き渡りません。それに、血管が詰まったりします。脳卒中や動脈硬化といった深刻な病気にかかりやすくなるのです。もちろん、日々の食事も大切ですが、スポーツをすることも同じくらい大切なのです。自分の好きなスポーツをやるといいと思いますが、できれば一人でもできるものがいいです。相手とやるスポーツだと自分の好きな時間にできないからです。好きではなくても、やっていると段々と好きになっていくこともあるので、少し継続してやってみるといいでしょう。
Copyright (C)2022スポーツが健康に良い理由.All rights reserved.