Pagelist

高校生のときに私が唯一活躍できたスポーツ

スポーツが健康に良い理由 高校に入ると、なぜか私は運動神経が悪くなっていました。友人が全員運動神経が悪かったのですが、合わせているうちに自分も悪くなってしまったのです。中学生まではスポーツは大好きで、大体何をやっても上手だったのですが、高校に入ってからは何をやっても下手でした。唯一、バレーボールだけは活躍できました。バレーボールをやる機会は少ないので、周りの人も下手だったので全体的にレベルが低かったのです。レシーブやトスといった基本的なことをきっちりできる人がいなかったのです。ですから、緩いボールでもコートに返すと、ほとんど得点になりました。

スポーツはからきしダメだった高校生のときの私が、バレーボールで活躍できたのは自分でも驚きでした。なぜなら、私もレシーブやトスといった基本的なことができていなかったからです。では、なぜ活躍できたのかというと、サーブです。私のサーブは不規則な変化をするので、私がサーブを打つと誰も取れませんでした。私も意識的に変化させていたわけではなかったので、ラッキーでした。なぜ変化したのかよくわからないのですが、打ち方が少しおかしかったのでしょう。打ち方がおかしいと相手コートに入らないものですが、なぜか運良く入りました。活躍できるので、バレーボールの時間は楽しみでした。
Copyright (C)2022スポーツが健康に良い理由.All rights reserved.